分別ごみ箱の中身が一緒くたなわけ✌

座間歯科医院 送迎スタッフの田中です🚙

自動販売機の横にあるごみ箱、そのゴミ箱の投入口はペットボトルと缶とわかれているけれど、

内部は仕切られることは無く、一緒になっています。

ほらほら海老名駅にある自動販売機のゴミ箱、見てください。

ペットボトルと缶の他にビンまで、3種に分けて入れるようになっていますが、

どう見ても中では一緒くたですよね(~_~;)💦

答は、西日本新聞に載っていました~(^_^)v

それは・・・、

仕切りで分別しても点検作業は必要で、仕切ることで片方だけが満杯になってポイ捨てを招くより、

できるだけ多くの容器回収を優先しているためだそうで~す❣

『 だったら投入口をわざわざ分ける必要はないではないか 』

と思ったそこにあなた‼ 甘い甘い!(^^)!

投入口を一つにし広くすると、紙やビニール袋など他のゴミを捨てる人が出てきます。

すると後で分別するときに大変な手間がかかってくるし、

余計なごみのせいで、中がすぐにいっぱいになってしまいます💦

そうならない為に、投入口の大きさをペットボトル・缶・瓶の大きさにし、

投入する品の名前も明記してあるのです。

そうです!あれはゴミ箱でなく、リサイクルボックスなのです

うっかり他のごみを捨てることのない様に、気を付けましょうね(*^_^*)v

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。