谷戸山公園は紅葉まっ盛り

座間歯科医院 送迎スタッフの田中です🚗

谷戸山公園の伝説の丘にあるイロハモミジが美しく紅葉しています。

紅葉は、気温が低くなり、日が短くなると始まり、

緑色 → 黄色 → 黄褐色 → 紅色 、と変化し散っていきます。

このような色の変化は、葉の中に含まれる色素の違いによるものだそうです。

まだ暖かいころは葉緑素が多く💚。

寒くなってくると、葉緑素が分解されカロチノイドが残るので黄色💛。

もっと寒くなって来ると葉の中の養分が変化してアントシアニンが増えて💓。

なぜこのように変化するのかと言うと、次の説が有力だそうです(^_^)v

『葉が落葉する前に、葉の中の有効成分を幹に回収しようする。

 その際、クロロフィル分解の過程で生じる有害な活性酸素を抑え、

 また幹に取り込ませないように、

 抗酸化作用のあるアントシアニンが分泌される。』という説(^_^)v

でもまだ正確なところは分かっていないようです。

してみると、黄葉・紅葉と言うのは、モミジが自分を守るための、

精一杯の結果という事なのですね❣けなげ~(^_-)-💞

ちなみに、花は4月から5月に咲きます(^^♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。