菜の花や月は東へ🌕日は西へ🌞

座間歯科医院 送迎スタッフの田中です🚙

相模川近くを走っていたら、一面の菜の花畑がありました。

与謝野蕪村の俳句で『菜の花や 月は東へ 日は西へ』という句があります。

この句は、蕪村が神戸六甲山脈の摩耶山を訪れたときのものだといわれます。

菜の花が咲いている時期で、東に月、西に太陽の両方が見える事を考えると、

旧暦の310~15、今の暦でいくと、420~425となります。

満月か、その二・三日前が一番のチャンスだそうです。

でも「月は東に日は西に」の状況が見られる時間は、

月がで出てから10分くらいのようで、

しかも地平線、水平線が見られる場所で無いと無理なようです…💦

4月の満月は27日ですが月と太陽を同時に見るのは至難の業なんですね。

座間では見られなそ・・・(~_~;)💦

でも25日あたりから、意識して東と西の空を眺めてみましょう🌕(^_^)v🌞

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。