海老名の電信柱

座間歯科医院 送迎スタッフの田中です🚗

海老名送迎の帰り道にいつも通る田んぼ道🚙。

丹沢に向かって真っすぐ伸びる道路と、整然と並んだ電信柱、

お気に入りの風景のひとつです(^-^)💓。

宮沢賢治の『月夜のでんしんばしら』を思い出します🌓

 ドッテテドッテテ、ドッテテド、
 でんしんばしらのぐんたいは
 はやさせかいにたぐいなし
 ドッテテドッテテ、ドッテテド
 でんしんばしらのぐんたいは
 きりつせかいにならびなし

どこまでも続く電信柱の列を軍隊行進になぞらえ、

電気・通信といった新しい文化が始まる時代らしい興味深い寓話です📖。

では、海老名のこの電信柱のお話しのはじまり、はじまり~(^_^)v

海老名の田んぼの道路に立っている電信柱たちは、

いつもじっと動かずに、美しい丹沢の山を眺めていました。

そして『いつかあの美しい山に行ってみたいなぁ』と思っていました🗻。

月のきれいな晩🌛、電信柱たちはとうとう、

丹沢目指して片足でひょいひょいと歩き出しました❣。

でもね、月が西に沈むころ、東の空が白んでくると、

電信柱たちは大慌てで💦、もといた場所に急いで戻って、

何事も無かったように、また一列に並んだのでしたとさ・おしまい(^.^)/~~~。

電信柱たち、大山まで行けていたらいいですね~(^_-)-☆🗻

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。