受け口の子は、早めに来てね 

歯科医師の上原 玲子です🌻
趣味は登山、とアロマセラピーです🌲
私は今、座間歯科医院で小児矯正をメインに治療させていただいています。

無料矯正相談もしているので、お気軽にお声がけください🎶

さて、今日のテーマは「受け口の子は、早めに来てね 」というテーマでお話しします。

受け口は、上下の歯を噛んでいるときに、下顎のほうがでている歯並びのことをさします。

正式には、下顎前突というのが、この良くない歯並び(不正咬合)の名前です。

骨の大きさアンバランスが原因だったり、歯の傾きが極端であったりするとなります💦

矯正治療を行う上で、受け口のお子さんは比較的早くに治療を開始することが多いです。

なぜならば、骨が成長するときが治療のチャンスだからです✨

大人と会話できて装置が使えるなら、3歳くらいから始められる装置もあります❕

たとえば、このムーシールドなんか、いいですね🎵

当院では歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)や、切歯斜面板などの装置。

加えて口腔筋機能療法(MFT)を治療として行っています。

小さいお子様の患者様でも、鏡を見ながらドクターと一緒に練習をしています。

「ベロの筋トレだよ? できるかな~?」と言うと、楽しそうにMFTに取り組んでくれています🌻

『うちの子、受け口っぽいんだけど・・・

小さいから矯正治療とか、ちょっと早いじゃないかな?

できるかどうか分からないし、治療費用も高いし・・・』

と保護者の方が不安に思われることだと思います。

なので、乳歯列の時に使うムーシールド装置として、単独で契約できるようにもしてみました!

小さな患者様には、無理せずにまずは歯医者さんに慣れてもらうことも可能です💗

治療で不安なことは、何でもご相談ください🌷

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。